Uncovered Gearbox

頭文字をゆーじーにしたかっただけでタイトルに意味は無いです

今更ながらIDCFクラウドを使ってみた

きっかけ: IDCFクラウドの中の人とお会いした

先日 PBLサミット というイベントに参加した際に IDCFの中の人とお会いし、IDCFクーポンをいただきました。 その後IDCFクラウドの回し者として活動し、3人を紹介したので IDCFクラウドクーポン総額12000円分をゲットしました。 クーポン残高の期限は半年後だったので思い切って使うためにサーバ構築しました。

ハマりどころ:立ててすぐログインは出来ない

自分のIaaSデビューはDigitalOceanで、シンプルな設定画面に慣れていました。 そのため、IDCFクラウドではいくつか嵌まりどころがありました。

DigitalOceanの場合

仮想ネットワークの概念がないので

  1. Droplet立てる
  2. Public IP振られて、メールでログイン情報が来る
  3. パスワードでSSHログイン

IDCFクラウドの場合

  1. 仮想マシン立てる
  2. 自分の仮想ネットワーク上にマシンが誕生
  3. 自分に割り振られたpublic IPのポートフォワーディングを設定する ←初回で気づかなかった
  4. ファイアウォールの設定して3.で設定したポートを開ける ←全部空いてると思った
  5. 立てた時に設定した秘密鍵ssh -i 秘密鍵 してログイン
  6. IDC Frontier のAAがでればDone

ざっくり言うとこんな感じ。 今年の頭にAzureの勉強したのが功を奏してピンときましたが一発ではわかりませんでした。 セキュリティはバッチリだと思います。IPもあとから追加で増やすことができるので拡張性あります。

雑感

  • マニュアルしっかりしていてわかりやすい
  • 一方で初見ではわかりにくい(SSHできなくて戸惑う)
  • 料金プランで最低のマシンからメモリを2倍にしようとしただけで月額料金が16倍になる(仮想マシンS1 -> S2 : 200円/月 -> 3200円/月)
  • 拡張性については優秀だと思う
  • 他にも良い点はあると思うがまだ使い切れていない感じ

まだ1万円ほどクーポンが残っているのでいろいろ遊んでみます