Uncovered Gearbox

頭文字をゆーじーにしたかっただけでタイトルに意味は無いです

20121102

寝る前に書けた。

 

爆睡して8時半に目をさます。我が家の朝食は遅い。平均年齢が高くて起きてから時間が経たないとごはんにしようとしない。自分が朝早いとそれと同時かちょっと遅いぐらいになるのだが。

10時に「東北大の学祭のお茶会行こう」と思いつく。

11時に家を出て大学の部室に行き、案内状を回収した。ちょっと見つからなくて探して時間がかかった。

(急ぎすぎてtypoしていた)

11:52発のバスに乗り込む。イヤホンを忘れたことに気づき絶望しつつもメールを投げたりしていた。

13時ぐらいには仙台駅前に降り立つ。そこからすぐ東北大学行きのバスを待って乗り込み、降りてすぐ会場をめざした。

着くとすぐに茶席に入れた。金曜日からやっているものの、OBOGとか、仙台の大学の学生とかが多くて山形からやってきたのは異質であったようだった。まあそれなりに歓迎してくれたしお菓子も美味しかった。栗の濃厚な味。

文化祭特有の「性と欲望が渦巻く空間」を若干味わっていたが、時間もなく、落ち合うはずの友人が来なかったのできた道を引き返して仙台駅前に戻っていった。

大学に戻って16:30開始のお茶のお稽古間に合わせるつもりだったが、帰りのバス、15時台が10分と25分発があり、10分ならば確実に間に合うが25分でもいいかなと思いつつ駅の中を通り抜けてBivi内のサープラへ。時間もなかったので2クレでFollow Tomorrow2回にルカルカ、キモプリなんかを踊りました。茶会のためにワイシャツにコットンベストという風貌だったからダンエボ効果で目立つ上にさらに目立っていた。

 

大学に戻ると時間+5分程度。自分がいったらちょうど始まらんとするところだったのでセーフ。「炉開きという名の普通のお稽古」だったので普通にお稽古した。

アフターにおすし食べに行った。合わせて6人。店で食べる寿司とか大袈裟ではなく本当に何年ぶりかわからない。両手で数えられる個数、10貫未満?ぐらいしか食べていない。それでも満足したからいいや。

そういえば情報系学生だったから「両手で数えられる個数」というと2^10-1になってしまうのであった。

 

帰ってきてドッと疲れが出ている。筋トレしたり遠出したり、しなくてもいいような動き方をガンガンしているから1日ぐらい何もしない日を作ったほうがいいのではないかと思った。というか金曜日がそういう日なんだったからそういう日に無理する必要はなかったのである。

あと、最近預金残高が目に見えてゴリゴリと減っているのでお金の使い方を少し気をつけたほうがいいのではないかと思い始めている。手帳とかのほうが非電源でできるし電車の中でもできそうだから効率がいいのかもしれない…。三日坊主になってしまうんだよね。続けられる方法がいいな。